[et_pb_section transparent_background=”off” allow_player_pause=”off” inner_shadow=”off” parallax=”off” parallax_method=”on” make_fullwidth=”off” use_custom_width=”off” width_unit=”off” custom_width_px=”1080px” custom_width_percent=”80%” make_equal=”off” use_custom_gutter=”off” fullwidth=”off” specialty=”off” admin_label=”section” disabled=”off”][et_pb_row make_fullwidth=”off” use_custom_width=”off” width_unit=”off” custom_width_px=”1080px” custom_width_percent=”80%” use_custom_gutter=”off” gutter_width=”3″ allow_player_pause=”off” parallax=”off” parallax_method=”on” make_equal=”off” parallax_1=”off” parallax_method_1=”on” parallax_2=”off” parallax_method_2=”on” parallax_3=”off” parallax_method_3=”on” parallax_4=”off” parallax_method_4=”on” admin_label=”row” disabled=”off”][et_pb_column type=”4_4″ disabled=”off” parallax=”off” parallax_method=”on”][et_pb_text background_layout=”light” text_orientation=”left” admin_label=”テキスト” use_border_color=”off” border_style=”solid” disabled=”off”]

キ上の空論

2013 年12 月旗揚げ。リジッター企画の作・演出を務める中島庸介によるひとりユニット。
言葉遊びや韻踏み、擬音の羅列や呼吸の強弱、近年では若者言葉や方言など、会話から不意に生まれる特有のリズム〈音楽的言語〉を手法に『ありそうでなさそうな日常』を綴る。
2015 年には、MItaka“Next”Selection16th に選出され、音楽をチャットモンチー・福岡晃子が担当し「東京虹子、7つの後悔」を上演した。

[/et_pb_text][/et_pb_column][/et_pb_row][et_pb_row make_fullwidth=”off” use_custom_width=”off” width_unit=”off” custom_width_px=”1080px” custom_width_percent=”80%” use_custom_gutter=”off” gutter_width=”3″ allow_player_pause=”off” parallax=”off” parallax_method=”on” make_equal=”off” parallax_1=”off” parallax_method_1=”on” parallax_2=”off” parallax_method_2=”on” parallax_3=”off” parallax_method_3=”on” parallax_4=”off” parallax_method_4=”on”][et_pb_column type=”4_4″ parallax=”off” parallax_method=”on”][et_pb_text background_layout=”light” text_orientation=”left” admin_label=”テキスト” use_border_color=”off” border_style=”solid” disabled=”off”]

中島庸介 プロフィール

なかしま ようすけ

1985 年9 月19 日岐阜県生まれ

作家・演出家・俳優
有限会社ノックス所属

18 歳から独学で演劇を学び、岐阜・名古屋で活動。
2009 年に上京し、演劇ユニット「リジッター企画」の作家・
演出家として活動開始。
リジッター企画は、「純粋性と残酷さ」という人間が持つ二面
性から生まれる「歪み」をあくまでも希望的に描き、俳優の
身体を使った演出などが特徴的。
2013 年、個人ユニット「キ上の空論」を旗揚げ。全作品の脚
本・演出を手掛け、前述とは又違った特徴を持つ作品を発表し続けている。
また、演劇に限らず、ロックバンド・東京カランコロン「恋のマシンガン」のショート
フィルム脚本(監督:三浦直之(ロロ))や、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内連続ラジ
オドラマ「君恋物語〜届け〜」の脚本など、演劇だけでなく、幅広いジャンルで活躍中。

[/et_pb_text][et_pb_text background_layout=”light” text_orientation=”left” admin_label=”テキスト” use_border_color=”off” border_style=”solid” disabled=”off”]

近年の作品歴

2017 年
1 月 リジッター企画 第十三攻撃「日の脚、わづかに見えて」(小劇場楽園)
2016 年
11 月 リジッター企画×おとぎ話「ようせいのしっぽ」(バニラスタジオ)
8 月 15Minutes Made Vol.14 参加 キ上の空論「日々が黒くなるその前に…って」(Mrs.fic tions 主催・
花まる学習会王子小劇場)
7 月 リジッター企画 再攻撃第五弾「2016 年版 あるオト、あるヒカリ、あるカラダ、あるコトバ、ある
ミライ、そのタもろもろ、の、あるケシキ」(名古屋:ナンジャーレ)
5 月 キ上の空論#5「幸福の黄色い放課後」(スタジオ空洞)
3 月 リジッター企画 再攻撃第四弾「もしも、シ〜とある日の反射〜」(吉祥寺シアター)
2015 年
12 月 リジッター企画「もしも君に会いたくなって」(駅前劇場)
12 月 キ上の空論のみじかいはなし#1「ああ、色は思案の外」(新宿眼科画廊)
9 月 リジッター企画 再攻撃第三弾「クルりクルりと、光の方へ」(サンモールスタジオ)
9 月 MItaka“Next”Selection16th 参加 キ上の空論#4「東京虹子、7 つの後悔」(三鷹市芸術文化センタ
ー・星のホール)
7 月 鬼FES2015 参加 キ上の空論「ピンク色のオトコ」(□字ック主催・シアター風姿花伝)
5 月 リジッター企画 第十二攻撃「誰がための笛は鳴る」(吉祥寺シアター)
2 月 キ上の空論 #3「金曜日、白井家の場合〜せいのでインを踏め!〜」(新宿眼科画廊)
2014 年
11 月 キ上の空論 一周年記念公演「空想、甚だ濃いめのブルー」「赤い下着、覗くその向こう側、赤の歪
み」(新宿眼科画廊)
9 月 リジッター企画 再攻撃第二弾「あるオト、あるヒカリ、あるカラダ、あるコトバ、あるミライ、そ
のタもろもろ、の、あるケシキ」(駅前劇場)
8 月 リジッター企画 第十一攻撃「ミロウのヴィーナス」(吉祥寺シアター)
5 月 キ上の空論 #2「赤い下着、覗くその向こう側、赤の歪み」(新宿眼科画廊)
3 月 リジッター企画 再攻撃第一弾「まぼろし」(SPACE 雑遊)

[/et_pb_text][/et_pb_column][/et_pb_row][/et_pb_section]