みどり色の水泡にキス

会場 あうるすぽっと

日程 2018年 10月17日(水)〜24日(水)

10月17日(水) 19:00
10月18日(木) 19:00
10月19日(金) 19:00
10月20日(土) 13:00 18:00
10月21日(日) 13:00 18:00
10月22日(月) 19:00
10月23日(火) 14:00 19:00
10月24日(水) 14:00
受付は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。

小学5年生の頃、マコトは妹のミドリに恋をした。
それが正しい恋ではない事をマコトはとても理解していた。
そんなある日、マコトの祖父が死んだ。落ち込むミドリの前で母は言う。
『おじいちゃんは生まれ変わって、きっとまた会いに来てくれる』
それを聞いていたマコトは“輪廻”という言葉を知る。
マコトはミドリを殺す事にした。
ミドリが生まれ変わる事で、 血の繋がっていない“他人のミドリ”に会えると考えたのだ。
マコトは眠っているミドリの顔に枕を押し付け、そのまま殺した。
母はこの日から頭のネジが何本か無くなった。

それから6年が経ち、高校2年生になったマコトの前に、
臨時で赴任してきた教師が現れる。
ミドリだった。どこからどう見てもミドリだった。
だいぶ大人になったけど、見た目も、声も、名前も。
マコトは再びミドリに恋をする。マコトはミドリの長い髪が好きだった。
下がった眉毛も、他の子より華奢な体も、やわらかい声も、口調も、何もかもを愛していた。
しかし、教師のミドリは交通事故で死んだ。
蛇口をひねったように涙をこぼすマコトだったが、
幼馴染のハルヤマのおかげで、なんとか立ち直る。

そしてまた6年が経ち、印刷会社に就職したマコトは、
同じ新入社員の中に再びミドリを見つけた。
かつて妹だったミドリが、教師だったミドリが、
同じ年齢になって帰ってきたのだ。
『輪廻なんやろかコレ・・・』
マコトはミドリに恋をして、必ず失う。
けれど6年経つとミドリは蘇る、何度も・・・。

これは70年間の初恋の話。

チケット

前売 6,000円

当日 6,500円

全席指定席。開演時間を過ぎますと、指定のお席にご案内できない場合がございます。

《一般発売》

2018年 9月 2日(日)11時~


《チケット取り扱い》

WEB http://confetti-web.com/midoriiro
電話 カンフェティチケットセンター 
0120-240-540
(受付時間 平日10:00~18:00)

会場

あうるすぽっと

〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F TEL.03-5391-0751
東京メトロ 有楽町線 「東池袋駅」6・7出口より直結
JR他「池袋駅」東口よりグリーン大通り直進、徒歩10分
都電荒川線 「東池袋四丁目駅」より徒歩2分

スタッフ

舞台監督:住知三郎
照明:若原靖・中佐真梨香
音響:水野裕
映像:松澤延拓
舞台美術:仁平祐也(A)
衣装:垰田悠
演出助手:富田喜助
制作:吉田千尋
宣伝美術:津和野諒
写真:三宅英正
ヘアメイク:中野由衣
web:小林タクシー
企画製作:株式会社オフィス上の空


《協力》

あおい/アクロスエンタテインメント/アミュレート/アービング/株式会社アクエリアス/イトーカンパニー/ECHOES/オフィスパレット/ジェイピィールーム/データリーフ/フォセット・コンシェルジュ/BLUE LABEL/MILLENNIUM PRO/ヤザ・パパ/LUCKUP/LICHT-ER/ワタナベエンターテインメント/Astar/アガリスクエンターテイメント/阿佐ヶ谷スパイダース/犬と串/梅棒/演劇ユニットルソルナ/オーストラ•マコンドー/柿喰う客/空間企画/鴻陵座/ポップンマッシュルームチキン野郎/野生児童/レティクル東京座

お問い合わせ

チケット予約